ボニックプロは妊娠中・生理中でも使用できるの?

ボニックプロは妊娠中・生理中でも使用できるの?

贅肉やたるみが気になる部位に当てるだけで、簡単&自動でエクササイズが出来る上に、専用ジェルの効果で美肌まで手に入れる事が出来るというボニックプロ。自宅で気軽に、まるでエステサロンの様なケアが出来るのなら、とっても嬉しいですよね。そんなボニックプロですが、妊娠中や生理中といった、女性のデリケートな時期にも使用して大丈夫なのでしょうか?問題は無いのかどうかを調査しました。

 

公式サイトの見解は?

 

ボニックプロの販売元である健康コーポレーションが、公式サイトのQ&Aでこの答えを明言していました。「妊娠中、授乳中の使用はお控えください」との事です。産後のお腹のケアにも使用出来るけれど、やはり授乳中であればこれも控える様説明されています。なので妊娠中は使用してはいけません。

 

妊娠中は肌がデリケートで、かつボニックプロの振動が妊娠継続に悪影響があるかもしれないから・・・という理由が簡単に想像出来ますね。周囲が簡単妊娠、出産している様に見えますが、実はちゃんと出産まで無事にこぎつけられるのは結構運がいいことなのです。良い事は表に出てきますが、知らない所で沢山の女性が妊娠継続出来なくて泣いているもの。それ位妊娠というのはデリケートで、継続には色々な困難があるものなのです。そんな大事な妊娠中、万が一お腹に振動をあてる方がいたら・・・?それで赤ちゃんに何らかの影響が出たら?子宮を刺激してしまい、まだ赤ちゃんがしかるべき大きさに育っていないのに陣痛が起きてしまったら・・・?怖いですよね、絶対に妊娠中の使用は禁止です!

 

しかし何故、出産後の授乳中もダメなのでしょうか?

 

授乳中という事は、人にもよりますがおよそ産後1年以内ですよね。産後の床上げは1ヶ月ですが、だからといって身体が完全に回復した訳ではないんです。おまけに母乳育ちの赤ちゃんは夜中も頻繁に起きて頻回授乳になりやすく、母親も寝不足なのが普通です。そして母乳は母親の血液から作られる為、授乳中は貧血にもなりやすく、その他のビタミン等の重要な栄養や、体力も奪われます。つまり、あまり元気な状態ではなく、産後ホルモンバランスが乱れている可能性があったり、悪露を排出中であったり・・・まだまだ完全な状態には程遠いのですね。その為肌トラブルも起こしやすく、いつもなら大丈夫なのに・・・という事も起こりがちです。妊娠前は大丈夫であっても、ジェルにかぶれる可能性だってあります。授乳する時ジェルが肌に残っていたら、赤ちゃんの口にも入ってしまいますしね。決まりは守って辞めておきましょう。

 

 

そして生理中ですが、こちらも公式サイトの一番最後の注意書きをしっかり見てみると書いてありました。生理中も使用してはいけないそうです。

 

生理中も妊娠中、授乳中と同じ様にホルモンバランスが崩れやすく、色んな事に影響を受けやすい時期です。常に血を排出していますし、生理痛や頭痛が酷い方も多くいらっしゃいます。また、肌も敏感な時期の為、通常脱毛や毛染め等もこの時期は避けて行います。やはり生理時はトラブルを起こしやすいからですね。生理じゃない時は大丈夫だったジェルも、生理中は肌のトラブルの元となる可能性もあります。素直に使用は控えておく事をおすすめ致します。

 

まとめ! 妊娠、授乳、生理中は使用してはいけません!

 

妊娠中、産後の授乳中、生理中・・・いずれもむくみ等が気になる時期で、ホルモンバランスが乱れて体重が増えたりと、美について色々と意識が湧いてくる時でもあります。ですが、公式サイトでも禁止されている通り、この時期にボニックプロを使用するのにはリスクが伴います。警告を無視して使用する事は、思わぬトラブルを招き、美から遠ざかる事にもなりかねませんから、決まりを守って使用は控える様にしてくださいね。

ボニックプロ本体が77%オフの3980円で購入可能